三重県リハビリテーション関連団体災害対策合同委員会のホームページへようこそ

いつ起こるかわからない災害。東南海地震の影響を受ける危険性の高い三重県、災害リハにも力を入れていきませんか。

三重県理学療法士会、三重県作業療法士会、三重県言語聴覚士会、日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会を基盤として、三重県リハ関連団体災害対策合同委員会が2014.10.21に発足しました。

三重にて地道に災害リハの啓発を行って来ました。近々、発災時の災害リハ実行手順を具体的に提示予定です。全国JRATとのコミュニケーションも図り、また他都道府県から災害リハ支援チームを受ける場合には鈴鹿医療科学大学のキャンパスをお借り出来る状況ともなりました。

発災時の支援要員登録を行い始め、今後、発災時の施設提供も募っていきたく検討しています。

三重県の皆様のご協力をお願い申し上げます。

2019.8.25